ストーカー被害とDV被害は探偵に相談

ストーカー被害とDV被害は探偵に相談

ストーカー被害は探偵に相談

ストーカーによる殺人、殺人未遂事件など毎年、話題性のあるストーカーによる事件はニュースや新聞などでも何件も報道されています。
そんなニュースもなくなることはなく、むしろ増加している傾向もあります。
しかも被害者家族などの話によると警察に相談していても被害にあってしまったというケースの多いことで警察の対応の仕方を疑問視する声もそのたびによく聞かれます。
しかし、実際には多くの被害者からの相談が各警察署に入ってきているのです。
中には被害妄想の激しい人や精神的に参ってしまいノイローゼになった人も相談に訪れてきていると聞いています。

実際、警察が対応できるのは被害者に直接危害を及ぼす可能性の高い案件から処理するしかないのです。
直接危害を及ぼすケースというのは「脅迫」しているという明白な証拠がある場合です。
手紙にしろ、メールにしろ、FAXにしろ、脅迫文が残っていれば警察の対応も早いのですが「電話で言われた」では録音でもしておかなければ証拠がないのです。
それに相手が元恋人や元配偶者、知人など特定できる関係であれば良いのですが全く相手に心当たりがないのであればこれまた厄介となってきます。
しかも最近ではストーカーも手口が巧妙になり、なるべく直接的な証拠を残さないようにそれなりに工夫しており、陰湿化しているとも聞きます。

そこで探偵の登場です。

探偵のストーカー調査

まず被害者からどのようなストーカー行為や嫌がらせ行為に遭っているのかの現状の詳細をお尋ねします。
正直に全てを答えて下さい。
例えばつけ回されたとか、待ち伏せされていたというケースでは被害者の警護を兼ねて少し離れた位置で一緒に行動し、つけ回しているストーカーを特定します。
尚、状況においては完全警護という対応も取れます。

またつけ回し行為や待ち伏せ行為ではない嫌がらせ行為においてもビデオカメラなどによる隠し撮り調査を実施してその証拠を収めていきます。
当然、探偵が使用するビデオカメラですから撮影していることすら外部からもわかりません。

探偵にストーカー調査を依頼する最大の理由は常時被害者のそばにいて見張っているという安心感が得られる上にストーカーの実態の証拠を押さえられるということなのです。
ストーカーの証拠を押さえることで警察への対応も早くなりね解決へと繋がります。

DV被害も探偵に相談

ドメスティックバイオレンス(DV)とは配偶者や家族、内縁者や恋人などの近親者の間で起こる家庭内暴力です。
このDVについては殴る、蹴るなどの暴力行為だけではありません。
言葉による罵りやけなしなどの圧力も精神的な暴力としてDVに含まれます。

ただ、このDV行為は実証されにくいというケースが多々あります。
なにしろ家庭内で起こる暴力行為なのですから外部の人が認識することはなかなか難しく、周知されるほどになっているDVは実数よりもかなり低いとされています。

探偵事務所ではDVの実態を暴き、管轄役所や保健所などの公的機関や法務局関係、強いては警察などへ提出する証拠を提出致します。

DVそのものについては先程にも記述しましたがなかなか他人が見ているところでは起きません。
全く他人が見ていないところで配偶者や子供などにDVを働くのです。
確かに殴る、蹴るなどの暴力行為におけるDVについては外傷などで医師からの診断書がもらえます。

しかし、そのような状況においては探偵でも出来ることは限られてしまいます。
簡単に言えば手間暇をかけた調査をしなくても簡単なアドバイスでもそれなりの証拠は得られます。
その証拠を蒐集する機材は探偵が専門的に扱っている調査機材となりますのでレンタルなどを含め活用して頂ければと思います。

探偵が採用している調査機材は専門的な物ばかりです。
撮影する隠しカメラから音声収録の盗聴器などを各種揃えているのです。
しかも実際にある電化製品に組み込んだりと外見からは全くカメラや盗聴器ということは分かりません。
こんな調査機器を利用しない手はありません。

探偵はストーカー行為やDV行為に対して様々な調査により証拠を提供しております。
安心した生活を送るお手伝いをするのも探偵の役目なのです。

↑ PAGE TOP