イベントデーに不倫調査を実施すると効率的です

イベントデーに不倫調査を実施すると効率的です

イベントデーと不倫調査

1年間の中に恋愛カップルにとって愛を育むイベントデーが何日かあります。
恋人同士ばかりではなく、夫婦関係でも同じようにお互いの愛情を確認しあえる日でもあるのです。

恋人同士ではお互いの誕生日から「初キス記念日」「初H記念日」などの個人的な記念日を作り、愛を確かめ合うなんて日を持っているカップルもいます。
夫婦でもお互いの誕生日以外にも結婚記念日は最大の夫婦的なイベントデーでしょう。

ごく希に不倫しているというか愛人という環境にいる女性は不倫相手男性から「夫婦関係は既に崩壊していて離婚の話し合いをしているから」などと言われ、ズルズルと 不倫の関係のまま交際を続けている女性も多いかと思います。
そんな女性から不倫相手の結婚記念日を調べて、その日に不倫相手の行動を調査して欲しいという依頼が入ります。
彼の言葉を信じて不倫関係を続けてきたが夫婦関係が崩壊しているなんてことは嘘で騙されているのではないかと感じたのでしょう。

女性の間の鋭さは妻ばかりではありません。
このようなケースでは殆どプレゼントを買って帰宅したり、外で待ち合わせをして外食したりといった光景が確認され、とても破綻している様子は見受けられずに仲睦まじい姿が確認されているのです。
もし貴女が既婚男性と不倫している関係で相手から「夫婦関係は既に破綻」などと言われているのであれば相手の結婚記念日に素行調査をしてみるとその真偽が確かめられるかもしれません。

話が少し脱線してしまいましたがお互いの誕生日や個人的な記念日以外にも現在の日本では恋人同士が愛を確かめあえるイベントデーがあります。
クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーなどです。
最近では日本独自のイベントも増え、老若男女を問わず、欧米的なイベントデーが受け入られています。

不倫関係というとどちらかが既婚者であったり、双方が既婚者である不倫カップルを指しますが気持ち的には恋人同士に何ら変わりはありません。
周辺に公表できない秘密の関係だけに2人の関係は蜜月で高揚しているのです。

そんな不倫カップルでも世間でいうイベントデーはどうにかして少しでも一緒に過ごしたいと考えるものなのです。
ですから過去の不倫調査ではこのようなイベントデーに調査をすると不倫の証拠が押さえられることが多く、イベントデーの前後の3日間に集中して不倫調査を希望する方が増えてきています。

確かに不倫調査の結果、イベントデーを中心とした前後に調査を実施した結果、不倫相手と会い、たとえ性的関係を結ばなかったとしても飲食を共にしたり、プレゼントを渡したりとするために会うカップルが多いので不倫相手らしき人物を特定する確率も高くなるのです。

配偶者の不倫に悩んでおられる人にとってはこんなチャンスはそうそうありません。
短期間の不倫調査で不倫の証拠を押さえられたり、不倫相手らしき人物を特定できる可能性が高いのですから言うことありません。
短期間ということはそれだけ依頼人のご負担が軽減することに繋がるのです。

こういったイベントデーに不倫調査を実施する意味が理解できたと思いますが不倫調査では配偶者が不倫相手と会い易い状況を与えることも必要なケースもあります。
例えば依頼人である貴方が友だちと旅行に行くとかのイベントを作り、予定を教えておくのです。
すると「ここぞ」とばかりに不倫相手と会う可能性も高くなります。
イベントデーばかりではなく、このように私的なイベントを作り上げ、不倫相手と会う時間を与えることも短期間で不倫の証拠を押さえられる手段のひとつなのです。
夫の不倫ばかりではなく、妻の不倫についても同様なのです。

貴方の配偶者が不倫しているかもしれないとの疑惑が生じたら各種イベントデーやイベントを作り、不倫調査を実施してみてはいかがですか?

↑ PAGE TOP