GPS発信器だけによる調査での証拠能力

GPSによる調査 証拠能力

GPS発信器だけによる調査での証拠能力

最近、GPSを使った追跡装置がネット上でもいろいろと売られており、誰でも簡単に購入することが出来るようになっています。
販売の目的は車やバイク、自転車の盗難防止から営業車両の活動状況、そして浮気調査などにご利用下さいなどと各サイトでも記載されています。
確かに自分を含め家族が使用している車、バイク、自転車などに取り付けておけば、もし盗難に遭ったときは発見できる可能性はかなり高くなります。
子供に持たせておけば、誘拐やいたずらなどの犯罪から行動を把握することで非行防止にも役立つでしょう。
会社などでは営業車両に取り付けることで現在位置を知ったり、現在位置を知ることでサボっていることも判明する場合もあります。
このような状況になりそうであると感じる方にとっては営業管理や危機管理の一貫として利用することはとても良いことです。
そんな利用法の中でも特に増加している理由が配偶者の浮気調査です。
これは探偵に任せることなく、自分で調査しようと考え、GPS発信器を購入して配偶者に乗る車などに取り付けたり、バックなどに忍ばせて現在位置を探ろうという方法です。
確かにGPSでの現在位置情報はパソコンやスマートフォンなどでも簡単に見ることが出来ますのでおおよその位置は確認できるでしょう。

しかし、浮気調査の場合、浮気をしていたという確実な証拠がなければどうしようもないのです。
どんなに配偶者の車両の現在位置がラブホテル街を指していたとしてもラブホテルの中に入ったという証拠はないのです。
しかもその車両を間違いなく配偶者が運転していたという保証もないのです。
例えばラブホテル街近くの時間貸しパーキングに車両を駐車していてもその位置が出てしまいます。
車両を駐車してどこに行ったかが不明であると全く意味がありません。
「多分、ラブホテルに入ったかもしれない」では、浮気の証拠には全くならないということを理解していないとあとあと問題になってしまいます。

探偵事務所が実施する浮気調査ではGPS発信器だけによる移動検索での調査は殆どいたしません。
移動検索だけでは全く浮気の証拠にはならないからです。
GPS発信器による移動検索はあくまでも尾行する際の補助的機器なものなのです。
現在では一定の地域から出たり、入ったりすると反応する機器もあり、このような機能は有効に活用しているのです。

ただGPSによる検索はピンポイントで場所が指定できるとは限りません。
約30mから場所によっては半径500mの広い範囲で示される場合もあります。
また山深い場所であったり、海岸線では反応しない場所もあるのです。
ですから通常、対人尾行については余り意味を持ちません。
例えば東京駅に居ると判ったとしても駅のホーム上なのかコンコースの中なのか全く判らず、探している間に移動してしまい、歩行中の対象者を探し出すことはかなり困難なのです。
有効なのは車両やバイクなどです。

探偵が実施する浮気調査ではできるだけ配偶者が車両に乗り込むところから確認します。
もしその確認が出来なければ尾行していき、運転者の顔を確認するのです。
確認できれば顔写真なりを撮影しておきます。
車を運転しているのは配偶者であるということがのちのちの重要な証拠のひとつとなるのです。
どうしても目視しての尾行が主になってきます。
例えば途中で誰かを拾う場合もあります。
浮気調査ですとその拾った異性が浮気相手の可能性も出てきます。
その際、拾った時間や場所を特定し控えておいたり、撮影しておかなければなりません。
このように浮気の証拠というのは対象者の行動を逐一関ししていくことの積み重ねなのです。

GPS発信器だけに頼るとこういった証拠が全く取れません。 これでは浮気調査にはならないのです。

確かに移動の経緯を観察するだけでも浮気をしている可能性が高くなったということは言えるかもしれませんがあくまでも状況から推測するしかない憶測に過ぎません。 ですから浮気を断定する為には探偵の浮気調査が必要となって来るのです。

対象者の行動を監視して浮気の疑惑が強くなられたら探偵に依頼するという方法もありますのでGPS発信器は上手に使ってこその調査機器なのです。

↑ PAGE TOP